2008年12月アーカイブ


ご両親が元々津田で、東さんご自身は修行時代(5年)は尼崎にいて、
大阪に行くより、神戸の方が街が綺麗で好きだった。

初デートはポートピアランド。(私も!(笑))

La-Qは奈良の会社で、元々は牛乳配達していた社長。
これではいかんと思っていろいろと考えて開発した。
上からガチャンと押したら栓が抜ける栓抜きも開発した。
日本では瓶ビールなどがあまりなくなったので、外国向けに販売している。
酒喰らって一日川でブラブラしている芸術家。(笑)

尼崎にいたときに一緒に働いていた仲間が成型先(LaQの成型をしている)で、
そのツテで紹介してもらった。
考案元は奈良、成型は大阪、金型は香川。
逆に言えば、地方でもこういう仕事は出来るということ。

 

正直が取り得。
納期も守るから、以前は寝ないでやっていたこともしょっちゅうで
最近は日曜日が休める。(それだけ減ってきた、ということ・・・)

 

元々ドイツのメーカーの知育ブロックなども手がけた。
顔がロボットみたいだったので、表情も考えて
髪の毛なども男女で分けて考えたりした。

 

バリが出ないようにするには、金型の正確さと、角をピン角にすること。

難しいのは携帯電話の金型。
一流の金型メーカーの仕事。

Fさん(ケーキ屋さん)にはオリジナルカップなどもできると話をしている。

ずっと出るものがあるのなら、初期投資は大きいけど、たくさん取れる金型を作って
製品単価を下げる。
逆に、作る個数が決まっていたら、極端に言ったら1個取りの金型にして
金型の値段を安くあげておく。
ケースバイケースで、その時にベストな方法で。

食品メーカーの金型は難しい。
異物混入、汚れ、虫などの問題が厳しいので成型屋さんにとってはハードルが高い。

学校の記念品などの話はないか?という問いに・・・
狭くて危ないから断ったんだけど、
職場体験や、工場見学などの機会に、学校の校章などをやって見せてあげたいという夢はある。

LaQのタイヤも、中のホイールもデザインに苦労した。

タイヤとホイールはそれぞれ別々に作って組み立てるので、数がたくさんになると内職なども発生するかも。

 

LaQはヨシリツという会社なのですが、東京に『博士』と呼ばれる方がいる。
その方はLaQが大好きで、いわばオタク。
その才能が認められて入社した。

こんな仕事が来るのは人脈だと思う。
大阪の成型屋さんは、尼崎で一緒にやっていた仲。
自分で言うのもなんだけど、とても几帳面なので、そこを買ってくれて仕事を回してくれてる。
LaQもリブロックもそこからの紹介。
ただ、今はもうそれだけなので・・・営業にもっと頑張ってもらいたいですね。
ブロックの新しいパーツをどんどん開発してくれれば、そこでウチも続けられるかな、という感じ。
こういう絆の出来ているところとの仕事は面白い。
一緒に考えて作っていくという喜びがある。
ただ、図面だけがくる仕事はやったら終わりなので。

とにかくモノ作りが好きなので、やりがいがある。
自分が考えた形が世の中に売られているのが非常に嬉しくて・・・

子どもは友だちには自慢するけど、自分でやるとなるとうーんって感じ。(^^;;
だけど、強要する気はない。本人がやる気になったら教えてやろうと思うが。

ただ日本のモノ作りが段々となくなっていってる状態なので危機感を感じている。
世界的な流れもあるので、どうしてもダメになる時代も確かにあるでしょうが。
だけど日本からモノ作りがなくなったらこの国はあかんようになるだろうな、と。

LaQは毎年コンクールを出している。賞金10万円。

高松の紀伊国屋の店長はLaQが大好きなので、年に何回かイベントをやっている。

 

県のコンクールなどにも出展してみたいけれど
金型って基本的にお客さんのものなので、勝手に出せないというのもあるし・・・。

自社ブランドで出来れば、販売のルート等もいるので難しい。
そういうグループなどに巻き込んで欲しいとは思う。

個人でやってたら世界が狭い。
ので、商工会やさぬきっとを通じて取引が発生することを望む。

奥様はラボという英語の教室、のようなものを自宅でやっていて、
子どもさんは今年の夏休みアメリカに一ヶ月ホームステイに行っていた。
で、お土産にLaQを持たせた。(ヨシリツからもらって。)
ヨシリツの社長は、世界に売りたいという夢を持っている。
が、そこにはレゴのすごいセットがあって、帰ってくるなり
「お父さん、レゴ買って!」と言われた。(笑)

ホームステイ先の家は、子どもが4人いて、最初はLaQで遊んでいたけど
最後には掃除機で吸われてた。(笑)

でも、レゴは分厚いから出来るものが違うですよね。

LaQはパーツが小さすぎて、小さい子は飲み込む危険性があると思うんだけど・・・(^^;;
なので、5歳以上とかの条件がついてるはず。

子どもにはいろいろな経験をさせてやろうと思ってアメリカにも行かせてやったのに
感謝の気持ちもないし、帰ってきたら「なんで日本に帰ってきたんやろう。」とか言うのが腹が立つ。
奥様が稼いだお金を積み立てて(60万円)行かせてやったのに「ありがとう」の一言もないのが
悔しくて、悔しくて・・・
日頃は恵まれすぎてまだわからないのだろうけど。

本当は先進国に行かせるのが反対。食べるのに困ってる国に行けば考えが変わるだろうに。
小さい子どもでも家のために働いてるような国に行かせたい。
先進国同士で行っても文化が違うだけなんで。

時計はボクシングのグローブなどのメーカー(エバーラスト?)
1万円ぐらいの時計をちょこちょこ変えるのがいい。仕事で傷が付くし。

アウディのRAがかっこよくて。二人乗り。
中古で1400万。
中田英寿が乗っている。
いつかは欲しいな、と。
ホントはフェラーリが欲しい。
スーパーカーブームの世代なので、カウンタックとかへの憧れが大人になっても消えない。

成型屋さんは車を8台持っている。(全部外車)
奥様にもナイショの場所に置いてるそう。(^m^)
車を眺めながらビールを飲むのが楽しみらしい。
羨ましい。
でも、高い車を買ったらどこへでも停められない。マルナカにも行けない。(笑)

映画が大好き♪
家族みんなで映画館に行くので、我が家の映画費はすごいと思う。
ジャンルは特に問わない。
一番最近に観たのは『ハンコック』イマイチだったけど。
一番好きなのは『ロミオとジュリエット』
ジュリエットがオリビア・ハッセーバージョンなのでリアルタイムではなくテレビで観た。
若い頃。感動した。
あと、シルベスター・スタローンの作品が好き。

スポーツはいろんなことしていた。
野球は少年野球、テニスは学生時代ずっと。
働き出してウエイトトレーニング、ロードレース、ヨット(浜甲子園で2人乗りのディンギーヨット)、スキー
こっちに帰ってきてからボディビル、綱引き(志度町のチーム)、サーフィン(お遊び程度の)
今年も一回だけ行った。吉野川の小松海岸に行った。今は家族で行くので子どもメインで。
楽しいよ。海の中で遊ぶのは。ほかのこと何も忘れてひたすら波のくるのを待って。

一回しかない人生なので、時間とチャンスがあればなんでも。ほんのちょっとの時間でもみつけてやってきた。

今、お腹が出てきたので、またウエイトトレーニングを始めようかと思っている。

綱引きをやってた時に思ったけど、働き出したら皆が揃わない、団体だと迷惑をかける
団体は団体の楽しさがあるけど、やはり個人が今はいい。


地元企業とのマッチングを商工会にはお願いしたい。
自転車さんとか、四国電線とか。
しかし、さぬき市の気質というか、なかなか内々では発展しないですね・・・(山本さん談)

一つから仕事して、実績を作って、任せられるわと思ってもらえたら発展すると思う。
仕事を見て判断して欲しい。真面目にやるのが取り得なんで。

一部の金持ちのマネーゲームのために弱者に皺寄せがくる。
偽装問題などにも腹が立つ。
日本は高くなっな、ぐらいで済むけど、食べられない国は本当に困る。

とにかく誤魔化すヤツは厳罰だ!大嫌い!!!

 

 

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。