2010年3月アーカイブ

烏骨鶏ってご存知ですか? 

烏骨鶏.jpg

一見、鶏のような...

でも、実は、烏骨鶏は栄養価値の高さから、全身が宝といっていいほどの利用価値がある鶏だそうです。

普通の鶏は、ピンク色をしていますがよくみると、地肌が黒い。

 

地肌黒い.jpg

地球上の動物の中で唯一弱アルカリ性の動物だそうです。

恐竜の皮膚が黒いでしょう?

恐竜の化石と、烏骨鶏の遺伝子が一致しているそうです。

なので、烏骨鶏には、古代からの目に見えない力がある!とも言われてるそうです。

そんな烏骨鶏を飼育し、烏骨鶏による、美容と健康を追求しつづけているのが松本ファーム。

アメリカで養鶏技術を学び昭和38年から本格的に養鶏業を始めたそうです。

最盛期には2万羽もいたそうですよ。

そして、平成5年から烏骨鶏に全部切り替えたそうです。

鶏が毎日卵を産むのに大して、烏骨鶏は、1週間に1個の割合でしか産まない、

それだけ貴重なものだそうです。

貴重な栄養価値の高い卵だから、もっと産まそうとするところもあるそうですが、

そうすると、純粋な烏骨鶏がだんだん雑種になっていくそうです。

松本ファームでは、量産するのではなく、栄養価値の高い卵を維持するために、

純粋な烏骨鶏というこだわりを一番大切にしているそうです。

松本ファームの烏骨鶏の商品としては、

 

卵酢.jpg

卵酢

 

仙人力.jpg

にんにく卵黄「仙人力」

血龍.jpg

烏骨鶏の血粉「血龍」

烏骨鶏の卵.jpg

そして、烏骨鶏の卵があります。

 不妊治療で悩んでいた方々や、

糖尿病、肝臓病など、さまざまな病気で悩んでいらっしゃった方々から、

たくさんのお礼やよろこびのお便りが松本ファームに寄せられていました。

 

お便り.jpg

12年前から飲まれている方からのお礼のお手紙や、

不妊治療で悩んでいた方から、赤ちゃんを授かるこができた!という

とってもうれしい知らせが一番多いそうで、子どもの成長とともに毎年年賀状を送ってくれる

お客様もたくさんいらっしゃるそうです。

松本ファームでは、商品を売るだけでなく、

電話や、実際にいらっゃったお客様と、

マニュアルどおりではなく、その人一人一人の気持ちになって話を聞かせていただくそうです。

悪いところだけをみて、そこを治さなければという考え方ではなく、

話を聞きながら、全体をみて、その原因から追求していく。

原因を抑えなくては、患部だけ治しても、また、悪くなる。

松本ファームの松本さんは

烏骨鶏の商品によって、自分の健康が維持できているからこそ、

自信を持って、人に勧めることができる!とおっしゃってました。

烏骨鶏の商品は、

売って、喜ばれる

そして、感謝される。

それが、また喜びとなって返ってくる

これが、この仕事をしていて一番うれしいことだ

だからこそ、烏骨鶏は、夢広げることのできるものだ

とおっしゃっていました。

去年(2009年10月)からは、新たに烏骨鶏の卵と、和三盆を使って

うこたまロールケーキと、うこたまチーズケーキというスィーツの

ネット販売も始めたそうです。

 

ロールケーキ.jpg

 

チーズケーキ.jpg

こだわりのある烏骨慈の卵で作った贅沢なスィーツを食べてみたいですね。

 

そして、早速いただいた、烏骨鶏の卵を食べてみました。

どんな食べ方がいいんですか?てお聞きすると、

そりゃ~、生のまま、卵かけご飯!という言葉゛と折りに

早速卵かけご飯

 

卵かけご飯.jpg

黄身がぷりぷりとしてて、色が鮮やかな黄色

もちろん、味は...とっても美味しかったです。

食べながら、健康で、美しくをもっともっと意識しなければと改めて思いました。

普段の食事や、生活に気をつけること。

プラス、烏骨鶏で、より元気に、より美しくなんですよね。

烏骨鶏を通して、

永遠の課題である健康と美に対する夢を松本ファームはこれからもどんどん広げていってくれてるんですね。

 

 

有限会社 松本ファーム

〒769-2402 香川県さぬき市津田町鶴羽375

電話:0879-42-5760

FAX:0879-42-0010

URL:http://www.mfarm.jp/

 

 

名もない一品のうどんを食べたい...

そんなお客さんを大切にしたい

 

まはろ.jpg

そんな気持ちではじめたおうどんやさんが

東讃岐の緑豊かな大自然の中にある「まはろ」です。

えっ?ここにおうどんやさん?て場所に「まはろ」はありました。

昔からあるのかと思ったら、料理人の息子さんと「まはろ」を始められたのは

平成15年だそうで、

まだお店を開いて6年なのに、お休みの日は、店の外まで行列ができてます。

このお店の名前「まはろ」ってどういう意味?

おうどん屋さんには珍しい名前だなあと思ってお聞きすると、

サーフィンの好きな息子さんがハワイ語で

感謝・ありがとう・よーいらっしゃいました

という意味の「マハロ」をお店の名前にしたそうです。

まはろロゴマーク.jpg

 

まはろロゴマーク2.jpg

まはろのこだわりは、

おうどんそのもの!はもちろん、

天ぷら。

旬の食材を使って、おいしい瞬間に食べていただくことにこだわっているそうです。

今なら、ホタルイカやいかなご、とらふぐの天ぷらがオススメ!

瀬戸内で獲れる穴子「べえすけ」の天ぷらもぜひぜひ味わっていただきたい一品です。

おうどんは、しっぽくうどんや、

しっぽくうどん.jpg

とり天カレーうどんいただきました!

鳥てんカレーうどん.jpg

おいしかったあ~。

ですが、

ご主人曰く、一番オススメは、

つめたいぶっかけうどんだそうです。

なぜ?てお聞きすると、

小麦の香りであったり、こし、味など

おいしいうどんそのものの味を楽しむことができるそうです。

さぬきうどん技能グランプリ金賞も受賞したとこがあるおうどん!

やっぱりうどんそのものの味を楽しむのが一番ですよね。

去年、12月テレビのお取り寄せ番組で、西川史子さんのお気に入りの讃岐うどん

紹介されて、全国からもたくさんの注文が来ているそうです。

 

通販うどん.jpg

お店では、

だしは、独自で生み出し、おいしい時間にこだわって短時間で営業しているので

おうどんはなくなり次第終了!だそうです。

看板.jpg 

お取り寄せで、おうどんを買って家でゆっくり食べるのもいいけど、

自然の中のお店

わざわざでも訪れて、あつあつの天ぷらと、打ち立てのおうどんを

おいしい瞬間にいただきたい!そんなお店です。 

 

おうどん通販はこちら ⇒ 「まはろ」

 

 麺処 まはろ

〒769-2323 香川県さぬき市寒川町神前3970

電話/FAX 0879-23-2668

定休日 水曜日

平日 11:00~15:00

土日祝 11:00~15:00 17:00~19:00

ただし、麺切れ次第終了!

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。